歴史→歴史・沿革

Sonova 本社 (スイス、シュタファ) 

ソノヴァ グループは、1947年の「AG für Elektroakustik」の創業以来、すべての関係者のために付加価値を創り出し、革新的な製品およびブランドのポートフォリオ開発を常に行い、独自の流通ネットワークを構築し続けてきた成果として市場シェアを獲得してきました。
補聴器の分野において、ソノヴァ グループは、市場志向型の多様なブランドや製品ポートフォリオを中心に長年にわたり成功を収めてきました。ソノヴァでは、当社のブランドであるフォナックおよび Unitron を通じて、業界で最も包括的かつ最高品質の補聴器を取り揃えています。ソノヴァ グループは、当社の AudioNova ブランドのもと、急速な成長を続ける聴覚医療提供者の国際的専門サービスネットワークを活用しながら、補聴器の分野でのリーダーとしての地位を拡大し続けています。
聴覚インプラントの分野では、2009 年の Advanced Bionics (アドバンスト・バイオニクス) の買収を通じて、人工内耳をラインアップに加えることにより、製品提供を拡大しました。まだ比較的歴史の浅いこの事業分野は、最新の技術開発や補聴器ビジネスのノウハウから多く恩恵を受けていくことが予測されます。
Sonova Holding AG は、2007 年 8 月 1 日に Phonak Holding AG からの名称変更を伴い設立されました。現在では、補聴器および聴覚インプラントの両分野の極めて包括的な技術的専門知識を一社内に統合している唯一の企業となりました。